hititlan’s blog2

旧ブログから移りました

2019年上半期お気に入り音源、Devin MorrisonとDanoについて

どうも。1an(ラン)って名前で色々やってます。編集しにくくなった旧ブログから引っ越して参りました。今回は、2019年上半期お気に入りのアルバム2枚をピックアップ。感想など書いていきます。

Devin MorrisonとDanoについて

Devin Morrison - Bussin'

 まずはDevin Morrisonについて。彼が東京に住んでた際、SLUM DUNKの綾子さんについて歌ったAYAKOが評判になって知ったのですが、その後LAに移住→仏のONRAのレーベルからアルバムデビュー、という流れが早くて驚きました。

instagramにアップされてた音源のレベルから「まとまった音源は凄そう」と思ったのですが、LA移住後すぐにリリースされたアルバム「Bussin'」は80年代と90年代初頭までの煌びやかさ〜所謂アーバン、エレガントな音世界をベースに、Joyce WriceやWe are KING、KuruptといったLAのアーティストが世界観を強固なモノに。この手のサウンドでは近年稀に見る濃度になっています。

上の動画からアルバム音源を聞けるはずなので、良かったら全編チェックしてみてください。ホントに素晴らしい作品なので、もっと聞かれるべきだなーと思ってたら、彼について取り上げる企画の話が。近く公開されると思いますが、自分も少々手伝いしてます。

DANO - ISTMO

DANOはスペインのラッパー兼トラックメーカーで、過去に自分のblogで取り上げたDJ SWETのリリースを追っていたら、彼を含む現行NYスタイルのラッパー達に辿りつきました。ちなみにDJ SWETは今年、NYのラッパーMILANOと出した曲が個人的に上半期DOPESTでした。

このビデオは2017年にNYで撮られたもので、DANOアルバムISTMOのMVと、スパニッシュコミュニティが垣間見られる旅行記になっています。DANOはファッションもNYスタイルで、マーチャンダイズもそんなノリ。

ラルフローレンのヴィンテージなどを普段から着ているせいか、吉祥寺のトレンドセッターthe apartmentさんもinstaをフォローされてて納得しました。

アルバムはレイドバックした現行プームバップサウンドで、ラップは英語の固有名詞も混ざり聴きやすいと思います。雰囲気抜群な上のビデオが気に入った方は、音源をチェックしてみてください。